台湾偶像備忘録ブログ

アクセス多い


ここのところ、アクセス数が異常に多いですが…
特に「ジョニーは行方不明」へのアクセスが一番多い。

先日の金馬奨では新人賞を瑞瑪席丹が受賞しました。
なかなか大胆なドレス。



で、皆さんはご存じだったかもしれませんが、自分は知りませんでしたが、導演の黄熙は女性だったんですね……
生でFILMEXで見ましたが、確かに声がか細くて高いな〜という印象はありつつも、こういうやさしい雰囲気の男性だよね
って勝手に思っていたーー(スミマセヌ)
ま、それは私の勘違いだってことだけですが。

で、記事に載ってましたが、最後の方で阿風と子淇がいきなり走り出す(競争)するシーンがありますが
脚本の段階ではここは床戯だったらしいです。
個人的にはいきなりそんなシーンが出てきても唐突感アリアリだな〜と、二人の関係性も他の人との繋がりも
今後の展開も含めてすべて曖昧なまま終わる今回の方が自然で良かったな〜と思いました。

もう1回見たいなーーDVD出たら買いですな。
| 21:40 | 柯宇綸 | comments(0) | -
風再起時


るんるんの話題はこれでした、アーロンと偉仔との共演作「風再起時」に出演。
60年代の香港を舞台にしたあの有名は「四大探長」を題材としたお話。
その昔、華仔が「五億探長雷洛傳」で演じたり(IIIではアーロンが息子役で出てた)、
李修賢やヤムヤムが出演した「四大探長」とタイトルまんまの映画があったりしましたが。
で、今回のバージョンってことね。

この中で四大探長となるのは、アーロン、偉仔、譚耀文、周文健だそうで。
じゃあ、るんるんの役どころは?でも一応メインキャストなんだよねぇ……

導演はアーロンの「踏血尋梅」の翁子光。
主要メンバーも導演も、舞台も香港だし、出品元も美亞娯楽だけど大陸映画という扱いになるのかしら?



この前の右端誰?と思ったら張繼聰だった…貧相なイメージしかなかったからビツクリだわ。
この映画の為に鍛えたのかなーー

るんるんは一つ、一つ、着実に良い作品に出会えているな〜。
公開が楽しみだな〜
| 20:03 | 柯宇綸 | comments(0) | -
ジョニーは行方不明


本日、東京FILMEXで「ジョニーは行方不明(強尼・凱克)」を見てきました。
物語は特に劇的な展開があるわけでもなく、何か伏線が張られているわけでもなく、とても台湾ドメスティックなお話でした。
そしてこの手の話にはやはり、るんるんはハマるよなーと。
絶対キャスティングされるよなーと思って見ておりました。
もう、始まりから既に通常運転(苦笑)

何でも屋の阿風とヨガ教師をやりながら海外旅行者用の民宿にも勤めている子淇、その子淇と同じアパートに暮らす立。
特に接点もない3人がたまたま逃げた子淇の飼っているオウムを探すことで顔見知りになる。
阿風も子淇も、立も「家族」に対して問題を抱えているという点が唯一の共通点。
ただ、そのことで互いに慰め合ったり、何か行動を起こすということがこの物語の本筋では無いかなと思ったり。
台北という大都会で普通に一生懸命生きてますということをただただ描いただけ。
でもそこに流れる他人同士でも少しは寄り添うことが出来るよというほんのりとした暖かさが伝わってくるお話。
 


今日は導演の黄熙のQ&Aがあって。
印象的だったところだけをかいつまんで紹介。

・脚本も導演自ら書いたものだが、この三人のキャラクターをどう作り上げたのかという質問
ほぼ導演の知人や身近な人のエピソードを集めた感じだそうですが、阿風だけは柯宇綸をイメージしていたそうで。
他の二人に関しては当て書きはしていないとのこと。
なんだか納得。こういう不器用ながらも優しくてひょうひょうと見えて、実は心の中に小さな闇を抱えているキャラクターって
得意分野だよね。
 
・阿風の車が何度かエンストを起こすのが物語の中でわりと象徴的だが台北のあの交通量の中どのように撮影したのかという質問
最後のシーン以外は撮影許可を取って撮影したが、最後の高速道路の上り坂の途中でエンストしたシーンは
許可を出さずにゲリラ的に撮影したとのこと。
ただ、前と後にスタッフの車を常駐させていたものの、一発OKにしたかったが結局6テイク撮ったという話でした。
ちょうど帰宅時のラッシュの時間帯ということでかなりのノロノロ運転というのも映し出されてたし、
や〜よくあれを6回も繰り返したね、るんるん。
 
この作品、釜山でも上映されて今回のFILMEXでも上映されてますが、台湾では来月から公開。
先行で観られて嬉しい限りです。
 
黄熙は初作品ですが、出演しているメンバーは何気に豪華。
張國柱、高捷、黄韻玲 など。
金馬奨にも3部門ノミネートされているそうで、25日発表だったかな?るんるんも出席するのかなー
 
るんるんの話題は他にも大きなものがあるのですが、それは次回書き残そうかと思っております。
| 20:11 | 柯宇綸 | comments(0) | -
果欄中的江湖大嫂


つい先月まで撮影していた黄浩然の新作ドラマ。
来年には放送予定。早く見たいーー
わりといつもエリートだったり超2枚目にキャスティングされがちですが、この手の粗野な役も実は魅力的。



相手役は岑麗香。
カナダ華僑なので出たての頃は広東語のセリフ回しが下手な感じでしたけど、上手になってる。
顔は超可愛いし性格もすごく良さそう。幼く見えるけど33歳人妻。





このドレスがすごく可愛いのでデザイナーは誰かな?と思ったらドリアン・ホウだった。
 
| 21:10 | 黄浩然 | comments(0) | -
日本でも放送されればね……



この主題歌がドラマチックでこのドラマの内容と非常にマッチしていて何回も聴いてます。

ここのところ「那片星空那片海2」の記事へのアクセスが多くて、全体的なアクセス数が増えていてビツクリです。
本当〜にこのブログは地味なところしか攻めてないので…一番アクセス多いのは香港旅行記全般なんですけどね。
たまにこの手のニッチな作品へも人が集まる。
っていうのも、今アジドラで「あの星空、あの海」という邦題で1が絶賛放送中だからだと思いますが。
そりゃ、シーズン2も気になりますわな。

1を配給しているアジア・リパブリックが2の配給もするかはわからない。
正直、あそこの呟きはクセあって……。
あまりにもage、sageが激しくて……某演劇プロデューサーを想像させる。
自画自賛が耐えられない(苦笑)
どうせこんなブログ見てないだろうから好き勝手に書く(爆)
嫌、でもここだけが頼りなら是非お願いしたいところですが(勝手!)

もし2が日本でも放送されたら記念すべきBoscoの初日本上陸作品になるけどーー!!
そんなBoscoは昨日香港でファンミを開催していて、IGのストーリーで実況中継していた。
ホント、ラフな感じでいいなぁーー

| 18:30 | 黄宗澤 | comments(0) | -
BoscoのCM


このCM好きなんです。
日本製品なのか?よくわからないんだけど……
この相手女性が噂の彼女ですが、それは置いといて。
このコンテンポラリーダンスみたいな振りが好き♪
互いに体感鍛えてないと出来ないよね〜って感じが見て取れるので。
どちらも惚れ惚れ……

彼女のことを香港の記者が「日本妹」と連呼するので「ちゃんと名前あるんだからさ〜」と
苦笑いしていたのが可笑しかった。
| 22:03 | 黄宗澤 | comments(0) | -
真・三國無双の実写化
コーエーの人気ゲームシリーズである「真·三國無双」が中国で映画化。
導演はアーロンの「殺人犯」でデビューした香港の周顯揚。

ニュージーランドで絶賛撮影中。
祐祐は劉備を演じるそうで。



これね。



なんか、似てるとか似てないとかどうでもいいような…でも大陸のコスプレイヤーの皆様からは批判多そうだけどね。
そもそもこれだけの人気ゲーム作品を実写化しようなんて考えるのは金が有り余ってる大陸資本しか出来ない話で。
日本だと2.5次元舞台がせいぜいですけど(でも人気あるからこれはこれで十分成立してる)。

で、一応主角扱いの古天樂は呂布。
上の画像には写ってませんが…こういう作品出るんだ〜〜意外だわ。
| 20:21 | 楊祐寧 | comments(0) | -
「溏心風暴3」が始まる


すっかり墨痕ロスですが…今月下旬からは「溏心風暴3」がTVBで開始。
これぞBoscoの真骨頂というべきクセのあるキャラクター。
第一弾は主要人物、第二弾はゲスト扱いで、今回も主要人物。
TVBの人気シリーズにBoscoは外せないということですな。
しかも、これが契約上最後の作品になりそうなので。
長いけど確かに面白い…家族全員次から次へと問題を起こしていくTVBドラマ鉄板のドロ臭い展開が
洗練されたドラマとは対極の世界ですけど、それがクセになる。
楽しみに27日を待とうと思います。
| 20:57 | 黄宗澤 | comments(0) | -
「那片星空那片海2」終わっちゃいました


なんか意味が良くわからない宣伝片ですが。
この二人、1シーンでしか一緒の場面が無いんですけどね、実際には。

終わっちゃった……すごく良い話だった。
決してハッピーエンドではないですけども、墨痕と明珠については余韻のある終わり方でそれがまた良かったのですよ。

是非、この二季も日本で放送して欲しいーーー
古装でもBoscoの魅力が遺憾なく発揮できる役で、キャスティングしてくれた人ありがとーー。
| 21:48 | 黄宗澤 | comments(0) | -
メイド・イン・ホンコン
見てきました、TIFFの最終日に「香港製造 デジタル・リマスター版」。
2日とも完売だったということで、映画館は超満員でしたわ。

久々に見る…といっても3か月ぐらい前にDVD見てたので、映画館で見るのは1999年の日本での公開時以来になります。
リマスター版といっても、あのザラついた画像はそのままですんごく美しい画像ってことでもないような。
インタビューで陳果がフィルムについていたゴミを取ったり…という話をしていたりしましたが。

やはり今見ても、阿Samの登場は鮮烈だったと思いますわ。
ああいうタイプって結局彼の登場以降、出てきてないと思うのですよ。

初来日の舞台挨拶付き試写会の時の写真を探してみた。
席取りの為に早めに会場前で何人かで待っていたら、ちょうど外での撮影の為に出てきた阿Samに声かけて
一緒に写真撮ってもらったり、サインしてもらったりした良い思い出。
あの時の主催の方が皆さん良い方で、どうぞ、どうぞって感じで引き受けてくださったんですよね〜
まだ、SNSなんて無い時代でしたけど。

今回のTIFFにも来て欲しかったな〜。
IGに本人が今回の日本仕様の新しいデザインのポスターをUPしていて、何人かの日本の方がどうして来ないの〜って
コメント残してましたけど。
ホント、それだけが残念でしたわ。

| 17:36 | 偶像 | comments(0) | -
<< | main | >>
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
LINKS
PROFILE