台湾偶像備忘録ブログ

BoscoのCM


このCM好きなんです。
日本製品なのか?よくわからないんだけど……
この相手女性が噂の彼女ですが、それは置いといて。
このコンテンポラリーダンスみたいな振りが好き♪
互いに体感鍛えてないと出来ないよね〜って感じが見て取れるので。
どちらも惚れ惚れ……

彼女のことを香港の記者が「日本妹」と連呼するので「ちゃんと名前あるんだからさ〜」と
苦笑いしていたのが可笑しかった。
| 22:03 | 黄宗澤 | comments(0) | -
真・三國無双の実写化
コーエーの人気ゲームシリーズである「真·三國無双」が中国で映画化。
導演はアーロンの「殺人犯」でデビューした香港の周顯揚。

ニュージーランドで絶賛撮影中。
祐祐は劉備を演じるそうで。



これね。



なんか、似てるとか似てないとかどうでもいいような…でも大陸のコスプレイヤーの皆様からは批判多そうだけどね。
そもそもこれだけの人気ゲーム作品を実写化しようなんて考えるのは金が有り余ってる大陸資本しか出来ない話で。
日本だと2.5次元舞台がせいぜいですけど(でも人気あるからこれはこれで十分成立してる)。

で、一応主角扱いの古天樂は呂布。
上の画像には写ってませんが…こういう作品出るんだ〜〜意外だわ。
| 20:21 | 楊祐寧 | comments(0) | -
「溏心風暴3」が始まる


すっかり墨痕ロスですが…今月下旬からは「溏心風暴3」がTVBで開始。
これぞBoscoの真骨頂というべきクセのあるキャラクター。
第一弾は主要人物、第二弾はゲスト扱いで、今回も主要人物。
TVBの人気シリーズにBoscoは外せないということですな。
しかも、これが契約上最後の作品になりそうなので。
長いけど確かに面白い…家族全員次から次へと問題を起こしていくTVBドラマ鉄板のドロ臭い展開が
洗練されたドラマとは対極の世界ですけど、それがクセになる。
楽しみに27日を待とうと思います。
| 20:57 | 黄宗澤 | comments(0) | -
「那片星空那片海2」終わっちゃいました


なんか意味が良くわからない宣伝片ですが。
この二人、1シーンでしか一緒の場面が無いんですけどね、実際には。

終わっちゃった……すごく良い話だった。
決してハッピーエンドではないですけども、墨痕と明珠については余韻のある終わり方でそれがまた良かったのですよ。

是非、この二季も日本で放送して欲しいーーー
古装でもBoscoの魅力が遺憾なく発揮できる役で、キャスティングしてくれた人ありがとーー。
| 21:48 | 黄宗澤 | comments(0) | -
メイド・イン・ホンコン
見てきました、TIFFの最終日に「香港製造 デジタル・リマスター版」。
2日とも完売だったということで、映画館は超満員でしたわ。

久々に見る…といっても3か月ぐらい前にDVD見てたので、映画館で見るのは1999年の日本での公開時以来になります。
リマスター版といっても、あのザラついた画像はそのままですんごく美しい画像ってことでもないような。
インタビューで陳果がフィルムについていたゴミを取ったり…という話をしていたりしましたが。

やはり今見ても、阿Samの登場は鮮烈だったと思いますわ。
ああいうタイプって結局彼の登場以降、出てきてないと思うのですよ。

初来日の舞台挨拶付き試写会の時の写真を探してみた。
席取りの為に早めに会場前で何人かで待っていたら、ちょうど外での撮影の為に出てきた阿Samに声かけて
一緒に写真撮ってもらったり、サインしてもらったりした良い思い出。
あの時の主催の方が皆さん良い方で、どうぞ、どうぞって感じで引き受けてくださったんですよね〜
まだ、SNSなんて無い時代でしたけど。

今回のTIFFにも来て欲しかったな〜。
IGに本人が今回の日本仕様の新しいデザインのポスターをUPしていて、何人かの日本の方がどうして来ないの〜って
コメント残してましたけど。
ホント、それだけが残念でしたわ。

| 17:36 | 偶像 | comments(0) | -
那片星空那片海2の墨痕と明珠
毎日楽しみに視聴しておりました「那片星空那片海2」。
来週には終わってしまうー……
アジドラで放送中の現代を舞台にした1の「あの星空、あの海」は既にリタイアしましたが、この古装の2は面白い。
まあ、それもBoscoが出ているという理由だからでもありますが。
本物の「ワル」ではなく、理由があって「怪人」にならざる得なかったという悲しい過去があるので哀愁漂うヴィランなのです。

自分を陥れた叔父に復讐するために情を無くし冷徹に生きてきた左こめかみに痣のある男、墨痕と
盲目の茶館の女主人、明珠の悲恋が短いシーンながらも良いんですよ。
正直、主角の呉居藍と陸漓の付いたり、離れたり、地上出たり、海底潜ったりのジメジメしたエピよりも好き。
(馮紹峰が苦手ってだけですが)
っていうか、こっちのカップルの方が人気出てそうだわ。

馮紹峰のどんなシーンでも能面のような無表情さは何を考えているのか見て取れないし、観ていて飽きてきてしまうのですが、
鮫人の中の大王という威厳ある役なので成立している部分もあるのかと。
一方、苦悩を抱える墨痕は感情を押し殺した喜怒哀楽を出さない部分は同じでも、ちょっとした目線や表情のゆるみで
セリフは無くてもとても饒舌に心の内を表しているので上手いな〜と。
結局、Bosco上げで終わる(爆)






明珠演じる叶青は広〇涼子に似てる…
Boscoとは「長在麵包樹上的女人」でも共演済み。

そして、墨痕を利用して「鮫人」を一網打尽にしようと企てる本当のヴィランは1に続き王陽明。
顔のパーツ1つ1つはすごく美しい形なんですけど、もう少し顔の長さが短かったら完璧だったのにな〜と
毎回見るたびに思ってしまう人です。



やっぱり、古装は何でもアリの世界なので現代を舞台にしているよりも制約は少ない。
奇想天外な展開にもなるけど、そもそも半魚人が人間と愛し合い、地上でも海底でも生きていけるっていう
世界観が既に無茶苦茶な設定なので(苦笑)
そこをしっとりとした雰囲気で抑えているのが墨痕と明珠の「莫名夫婦」。
墨痕も鮫人ではあるのでこういうネーミングなのかと(苦笑)

恐らく、幸せにはなれないんだろうな〜。墨痕は死ぬんだろうな〜とか想像出来ますが。
やっとBoscoの大陸ドラマで良い作品、というか良い役だな〜というのに出会えました。
是非、この「2」も日本版を出していただきたい、アジリパさん!



 
| 12:16 | 黄宗澤 | comments(0) | -
「侠盗聯盟」見てきた!


「侠盗聯盟 ザ・アドベンチャーズ」を台風が迫る中見てきました。
いやーー面白かった!
痛快アクションアドベンチャーって感じでしょうか。
大陸資本のハリウッド映画を観ているかのような感じでした。
ウェットな部分は皆無、かなりご都合主義だし、主要メンバーは誰も傷つかないし、欧州の景色は壮観だし、映像キレイだし
何よりも演者の良い所出しで、何にも考えずに楽しめばいーじゃん!的なノリが良かった。

華仔と舒淇と祐祐のバランスがすごく良くて。
当初は馮紹峰が出演するはずが、スケジュールの都合で降板して祐祐が抜擢されたと以前も書きましたけど
これ、馮紹峰だったら全く別のキャラクター設定だったんだろうな〜っていうか、画面に明るさが無いような…
華仔も決して「陽」の個性じゃないし、馮紹峰も笑った顔よりもしかめ面の印象しかないのでどちらかというと「陰」が
個性の人だと思うと、一人はすっぱな舒淇が浮いちゃうじゃん…って思うのですが。
祐祐になって色々と設定変えたのかなーー
華仔に仕える小僧って感じは祐祐にしか出せないと思うので、絶妙な配役でしたよ。
画面が華やかになるのも、舒淇の色気と祐祐の能天気キャラのお陰かと。

これ、「ミッション・インポッシブル」や「縦横四海」というよいりかは「ルパン三世」ですな。
ルパンと不仁子ちゃんと、軽めの次元と銭形のとっつぁん。関係性がそのままだわ。
ステはルパン三世のファンなのか?

実際、大陸や香港でヒットしたのかどうかはわかりませんが、パート2とか作ってもいいかもーー
でもかなりの資金が必要になりそうなので、難しいか。

メイキングの祐祐は相変わらず、自然体で愛されキャラです〜

 
| 21:29 | 楊祐寧 | comments(0) | -
今年の映画祭
さて、さて、毎年恒例の悪しきTIFFのチケット取りは事なきを得たでしょうか。
やはり、あれはカード払いではなくファミマで支払いにしたほうがトラブルなくってよ。
支払い完了してすぐにQRコード送られてきたし。
しかし、毎年、毎年懲りないですなーーTIFFさん。

で、とりあえず今のところチケGETしたのは以下の作品。

「侠盗聯盟 ザ・アドベンチャーズ」



「香港製造 メイド・イン・ホンコン [デジタル・リマスター版]」



そして、これから発売される東京フィルメックスには、るんるん出演のこれが来ます!!

「強尼・凱克 ジョニーは行方不明」



この作品は台湾でも12月公開なんですよねーーそれを一足先に見られる嬉しさよ!!
しかもコンペティションへの出展なので賞を取る可能性もあるし、Q&Aも予定されているってことは
誰かしら来日もするってことだしーーと期待だけが高まる。
るんるん来ないかな〜

祐祐、阿Sam、るんるんとお気に入りの人たちの作品が映画館で見られるのは幸せなことです、ホント。
| 21:26 | 偶像 | comments(0) | -
那片星空那片海2

アジドラで放送中の「あの星空、あの海。〜人魚王の伝説(那片星空那片海)」。
人魚っていうよりかは半魚人ドラマと呼んでますが(苦笑)
3部作の1作目で現代を舞台にしてますが、個人的には2作目の古装編の方が興味があります。
というのも、Boscoが悪役で出演してるから。



こういう悪役だと本当に魅力が出るわーー
来月から大陸で放送開始なので、果たして日本でもリリースしてくれるのかはわかりませんが、
どうせなら3部作全部出して欲しいところです。

| 17:47 | 黄宗澤 | comments(0) | -
TIFFで「香港製造 デジタル・リマスター版」上映決定


わーーい!今年の東京国際映画祭で「香港製造」のデジタル・リマスター版が上映されます!
以前の記事で取り上げたこれですわ。
嬉しいな〜日本での上映は無いでしょうと書きましたけど、まさか映画祭で上映されるとは!!
これは必死こいてチケ取りしなければ!
でもな〜ロクでもないんだよな〜東京国際映画祭独自のチケット購入システム。
去年も書いたような気がしますが、ぴあとかさあ、イープラスとかさあ、既存のプレイガイドに委託しちゃえばいいのに!
またサーバー落ちるよ、きっと。

後は何の作品が上映されるのかチェックしきれてませんが、武ちゃんのもくるのか…
確か、祐祐が出てるんだっけ?違ったっけ?
あまり触手が動かされませんけれども。
どちらも10月15日(日)12時発売なので、片方しか取れないと踏んだ方がよさそうですな〜
阿Samと陳果とか来日してくれないかなーー来て欲しいなーーー
| 21:27 | 香港 | comments(0) | -
| main | >>
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
LINKS
PROFILE